性病どっとコム TOP >  性病 知識と予防  >  キスで感染する性病について

キスで感染する性病について

キス病は俗名で、正式には伝染性単核球症と言います。

日本では2、3歳までで70%は感染し、症状はほとんど現れずに抗体ができます。20歳までで90%の人は抗体を持っていると言われています。

問題は残りの10%で、小児期ならほとんど症状が現れないんですが、思春期以降の場合50%は発病してしまいます。ヘルペスウィルスのひとつEBウィルスに感染で起きる病気がキス病です。

EBウィルスは、感染者の睡液の中にいます。そして、キスや飲み物の回し飲みなど、口経由で感染するのが特徴で、だからキス病と言う名前が付いています。

症状は倦怠感、発熱(38度以上)、のどの痛み、リンパ節(首)のはれ、湿疹、肝臓や脾臓の拡大、肝機能異常などです。

約4~6週間で症状は無くなるんですが、残念ながら抗生物質などの薬が無いので対症療法での対応になります。

もし思い当たる症状があれば、病院に行きましょう。




コメント(0) | トラックバック(0) |2016年6月 7日 15:26

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.massmediaworld.com/mt/mt-tb.cgi/19

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





キスで感染する性病について