性病どっとコム TOP >  性病 症状  >  エイズ(HIV)

エイズ(HIV)

エイズ=HIVではないことを先に書いておきます。HIVはエイズウィルスのことで、日本語ではヒト免疫不全ウィルスを指します。HIVに感染して、放置すると数年~10年程度で免疫力が徐々に弱くなり、エイズウィルスに感染していなかったらなんでもない細菌やウィルスで病気にかかるようになります。

こうなると、「エイズを発症した」と診断されるわけです。具体的には、23種の健康な人ならなんでもない病気があって、それに当てはまると、エイズ発症と診断されます。

エイズウィルス(HIV)の感染経路

エイズウィルス(HIV)を含む、体液(血液、精液、膣分泌液、母乳 etc.)が、粘膜や傷口に接触すると、感染する可能性があります。粘膜とは、ペニス、尿道、膣、直腸、口の中などです。

汗、涙、尿、唾液、便などの体液から感染することはありません。

傷口の無い健康な皮膚にエイズウィルス(HIV)が多少付着しても、感染しません。上記にあげた感染し易い粘膜で、他の性病に感染し炎症を起こしていたりすると、感染率が跳ね上がります。

性行為以外の感染経路は、血液による感染、母子感染の2つが主です。前者の場合、覚せい剤などの注射器の使い回しによる感染が当てはまります。母子感染は言うまでも有りませんね。

エイズウィルスは、ヒトの体内では生き続けますが、体外へ出ると感染力を失います。感染者と同じものに触る、お風呂、トイレの共用、洗濯などで感染することはありません。

エイズウィルス(HIV)の予防は、コンドームを付ける、オーラルセックスは避ける、不特定多数の人との性行為は避ける、妊娠を望む性行為の場合、お互いにエイズウィルス検査を受けるなどで感染を防ぐことができます。




コメント(0) | トラックバック(0) |2011年7月 4日 15:52

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.massmediaworld.com/mt/mt-tb.cgi/5

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





エイズ(HIV)