性病どっとコム TOP >  性病 症状  >  カンジダ

カンジダ

カンジダは、カンジダ菌というカビの一種(真菌)が性器に感染して生じます。
女性は膣に感染する場合が多く、男性の場合は通常性器は体外に露出し、
通気性が良いので感染しにくいと言われていますが、包茎の人は発生率が上がります。

■性器周辺に元々いる常在菌で体調の悪い時などに感染する
■性交未経験者でも発症する場合がある
■男性より女性の感染者が比較的多い

カンジダ(性器カンジダ症)の症状

【男性の場合】
男性の性器では感染しにくいが、包茎の人は発生率が上がります。症状は、亀頭のかゆみ、ただれや、赤くなって白い貸すが出ます。稀に尿道炎になることも有ります。

【女性の場合】
常在菌のため、風邪、疲労、ストレスで免疫力が低下すると、性交未経験でも感染する場合があります。症状はヨーグルト状のおりものが増えたり、外陰部や膣内が痒くなります。性器周辺の通気性を良くすることは予防に効果的です。

【口腔カンジダ症】
性器周辺だけでなく、口腔内にも常在すると言われ、成年は稀ですが乳幼児や高齢者の場合、免疫力の低下で、口の中で発症するケースも有ります。




コメント(0) | トラックバック(0) |2011年7月 3日 10:02

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.massmediaworld.com/mt/mt-tb.cgi/4

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





カンジダ