性病どっとコム TOP >  性病 症状  >  淋病

淋病

淋病(淋菌感染症)は、1984年がピークで減少傾向に転じたんですが、
1990年代半ばから再び増加しつつあります。クラミジアと同時感染する場合が多く、
淋病の感染者の2、3割は同時感染してると言われています。

■比較的男性に多い性病(性感染症)
■尿道感染(男性)すると、膿みと激痛を伴う
■感染率が30%と非常に高い

淋病(淋菌感染症)の症状

【男性の場合】
主に尿道に感染する場合が多く、尿道から膿みが出たり、排尿時、勃起時に激しい痛みを感じます。放置すると精巣上体が腫れ、発熱や陰のう部が激しく痛むことも有ります。

【女性の場合】
オーラルセックスにより、女性の咽喉への感染が増えています。性器の場合、子宮頸管へ感染します。尿道炎を併発することも有ります。おりものの増加、不正出血、下腹部の痛みが主な自覚症状です。でも、女性の淋病感染者の多くは症状が出ない場合が多いと言われています。

【感染経路】
オーラルセックスによる咽喉への感染が増加しています。性風俗で女性の咽喉から男性の性器に感染するケースが多いと言われています。(その逆も然りです。)




コメント(0) | トラックバック(0) |2011年7月 1日 13:49

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.massmediaworld.com/mt/mt-tb.cgi/3

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





淋病