性病どっとコム TOP >  性病 症状  >  膣トリコモナス症

膣トリコモナス症

膣トリコモナス症は、女性に多い性病でウィルスなどではなく、原虫が性器の中へ
入りこんで炎症を起こす病気です。男性の場合は排尿で原虫が排出される場合が
多いので、女性に多い性病と言われています。

■性行為以外からも感染する(性行為未経験者も感染の可能性あり)
■ウィルスや細菌ではなく、原虫の侵入による炎症
■日本の場合、女性の5~10%、男性の1~2%が感染してると言われている。

膣トリコモナス症の症状

【男性の場合】
男性の場合、排尿で原虫が排出される場合が多いですが、感染した場合も症状が出ないことが多いです。稀に尿道炎の症状が出て、排尿痛や尿道から膿みが出たりします。前立腺や精嚢に寄生することが多いです。

パートナーが膣トリコモナス症に感染していたら、検査することをお勧めします。

【女性の場合】

膣だけでなく、子宮頸管、膀胱、尿道への感染も有ります。泡状で悪臭の強いおりものが増えたり、外陰部、膣に激しいかゆみを覚えます。症状の現れない人も、2~5割いますので、心当たりがある方は検査しましょう。不妊症や早産、流産を招く可能性が高まります。




コメント(0) | トラックバック(0) |2011年7月13日 09:38

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.massmediaworld.com/mt/mt-tb.cgi/7

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





膣トリコモナス症